HOME  >  FABEX関西 ニュース  >  フードマシナリー関西2017のご案内

関西唯一!食品製造に関する技術総合展 フードマシナリー関西2017のご案内

2017年05月15日
 
来場者の 7割超が 新規顧客の ターゲット!!
 


Cafe Week in関西

Cafe Week in関西

 


カフェ・コーヒーパビリオン 出展のご案内



開催概要


食品産業専門紙として食品業界や製造工場に幅広いネットワークを有する「日本食糧新聞社」と、産業総合紙として産業機械やロボット分野の展示会を主催する「日刊工業新聞社」が、関西で食品製造に特化した機械・技術展を共同開催致します。

構成展示会 第1回 FABEXフードテック関西2017
主催 : 日本食糧新聞社
第2回 FASE 関西2017(食品工場自動化・安全機器展)
主催 : 日刊工業新聞社
開催日時 2017年10月11日(水)~13日(金)10:00~17:00(3日間共通)
開催会場 インテックス大阪
入場料 4,000円(税込)
※業界関係者のみ入場可、招待状持参・事前来場登録は無料



食品工場や外食、中食、スーパーマーケットの製造・加工・調理現場の業務改善提案を集中展示!

少子高齢化が進む社会の中で、安全・安心な食品を安定的に供給しながら事業体質を強化していくためには、生産におけるすべての工程での自動化・効率化・省力化は避けて通れない課題です。フードマシナリー関西は、生産性・安全性の向上を実現する最新の製造装置・調理システムなどを集中展示、カタログだけではわからないディテールや操作性をご自身の目で見て確かめていただける機会です。


35,000人を超える来場者! 430社・650小間の出展規模!「食の総合展示会」として5展一体開催の相乗効果

関西・西日本では唯一最大の「食品関連産業の総合見本市」として高いご評価をいただいているFABEX関西。2017年はFASE関西との連携を強化し、ファベックス関西および関西デザート・スイーツ&ベーカリー展に出展の機械・機器・システムなどを集約したFABEXフードテック関西を新設。食品製造に関する技術総合展「フードマシナリー関西」として規模を拡大して一体運営します。
 


FASE関西


食品に異物が混入する事故や事件が続き、世間を騒がせました。食品は毎日口に入れるものだけに、安全性向上に対する要望は高まっています。一方、食品業界は手作業が多く、他の産業に比べ生産性が低いのが現状です。そこで日刊工業新聞社では「安全で生産性の高い食品工場を目指して」をテーマに昨年に続き、「第2回FASE関西2017(インテックス大阪)」を開催致します。前回はフードセーフティー機器や包装機器、食品ロボットなど 48社124小間の出展がございました。
今回はこれを上回る80社200小間の出展を目指し、来場者も前回を上回る4万人(同時開催のファベックス関西などとの合計数字)を目標としています。ぜひこの機会に本展示会にご出展いただき、関西での新たな市場開拓にお役立て下さい。

出展対象

自動機器分野 自動化装置、搬送機器・技術、水処理装置、排水設備、殺菌装置、
洗浄装置、乾燥機、遠心分離機、掃除機、空調機器、食品ロボット・ハンド、
周辺機器、システムインテグレーター、その他食品関連装置
フードセーフティー分野 監視カメラ、トレサビリティシステム、生産ライン管理システム、入退室管理システム、勤
怠管理システム、私物管理システム、X線検査機器・測定器、防虫システム、防塵システム
包装機器分野 包装機器、ラベル張り機、シール機、包装材料加工機、印刷機、梱包機器・技術



ページのトップへ