HOME  >  出展案内  >  FABEX出展社インタビュー  >  FABEX関西2014出展社紹介

FABEX関西2014出展社紹介 (1)つぼ市製茶本舗様 (2)タカラバイオ様 (3)コトブキベーキングマシン様 (4)マリンフード様

2014年12月19日

 日本食糧新聞社主催の惣菜デリカ・弁当・中食・外食に特化した西日本最大級の業務用専門展示会「ファベックス関西2014」と和洋菓子・ベーカリー・カフェ・飲料の専門展「関西デザート・スイーツ・ベーカリー&ドリンク展2014」(協同組合全日本洋菓子工業会共催)がインテックス大阪1、2号館で8~10日の3日間催され、2万9062人が来場した。

 大阪で2回目の開催となった同展示会には今回から「アジア・フードショー2014」(大阪国際経済振興センター主催)と「メディカル給食&在宅配食産業展」が加わり、合計420小間(271社)が出展した企業の展示提案を紹介する。

つぼ市製茶本舗 「利休抹茶あいすくりーむ」人気集める


 千利休のふる里の泉州堺で1850年(嘉永3年)に茶の貿易と茶問屋で創業した老舗企業のつぼ市製茶本舗。お茶がメーン商品で数々の種類を製造販売しているが、お茶の再認識のために茶関連商品の開発にも力を入れている。その一つが「利休抹茶あいすくりーむ」。業務用の高級デザートとしても使用できる。また需要が増加している抹茶をどこでも手軽に飲めるPETボトル入り抹茶ドリンク「利休一期一会」も展示した。


「利休抹茶あいすくりーむ」は点(た)てた抹茶、お茶碗2杯分の抹茶量の濃厚な抹茶アイスクリーム。茶席で御抹茶をいただくかのような、濃厚な香りとうまみ、ほろ苦さが売り物。千利休の堺の歴史、佗(わび)茶の心を感じさせるご当地商品。外食でのメニューにと来場者の関心を集めた。


株式会社 つぼ市製茶本舗
大阪府高石市高師浜1丁目14-18
TEL 072-261-7181


タカラバイオ “大黒本しめじ”安定供給体制整う

 「タカラバイオ」は宝酒造グループの一社。ファベックス関西には「大黒本しめじ(京都府/三重県産)」を出品した。

 昔から「香り松茸、味しめじ」と言われるほど、食用キノコの中で珍重されてきたが、幻のキノコと呼ばれ、ほとんど一般に出回ることはなかった。同社は困難とされていた「本しめじ」の人工栽培に成功しており、年間を通じて安定的に供給できる体制を整えた。

 同社は「高級キノコ市場はまだまだ広がると思う。“大黒本しめじ”は味、形ともに高い評価をいただいている。業務用市場で、ぜひトライしてほしい」としている。


タカラバイオ株式会社

滋賀県大津市瀬田三丁目4番1号

TEL 0771-88-5151

http://www.takara-bio.co.jp/



 コトブキベーキングマシン 「キャメル」「石室窯」イチ押し


 コトブキベーキングマシンは、関西デザート・スイーツ・ベーカリー&ドリンク展に出展、特に一押しのオーブン、「キャメル」と「石室窯」をPR、高度なスペックを紹介、提案した。

 キャメルは、ヒーターの配線密度を2倍以上(同社比)にアップ、きめ細かく張り巡らせることで焼きムラのない繊細で美しい焼成が実現でき、内臓ボイラーで温めたスチームを噴出することで“3度出し”が可能となるなどハイスペックを訴求。また、石室窯との組み合わせ機種や高いデザイン性をアピールした。

株式会社コトブキベーキングマシン

大阪府摂津市東一津屋7番8号

TEL 06-6349-1616

http://www.kotobuki-baking.co.jp/

 
 

マリンフード 第3のチーズ「スティリーノ」前面に

 マリンフードは、チーズ原料高騰が続く中、植物油脂を主原料にした第三のチーズ「スティリーノ」をメーンに紹介。仕入れコスト圧縮につながり、外食や量販店のユーザーから好評を得るほか、加えてコレステロールが低い点で健康志向商品としてのポジションを確立していることを訴求した。

 ブースで試食を行ったところ、チーズと遜色のない味や外観に驚きの声が上がり、価格など詳細に関する問い合わせが多く寄せられたという。試食数は1日約1200食に上った。

マリンフード株式会社

大阪府豊中市豊南町東4-5-1

TEL 06-6336-5400

http://www.marinfood.co.jp/

ページのトップへ