FABEX関西2019  >  出展案内  >  FABEX出展社インタビュー  >  FABEX関西2019 出展社紹介:かがわ産業支援財団、「うどん県それだけじゃない」アピール

FABEX関西2019 出展社紹介:かがわ産業支援財団、「うどん県それだけじゃない」アピール

2019年10月11日


 かがわ産業支援財団は、16日に開幕する「FABEX関西2019」に初出展する。3回目を迎える「地域食品ブランドフェア」に香川県ブースを構え、県内企業22社が国内外から注目されている香川県の“おいしいもの”を提案する。

 香川県は、18年に国内宿泊旅行をした人を対象にしたアンケート(食事の項目)で全国6位となり、食についての満足度が高いと評価されている。また、12年から5年間で外国人延べ宿泊者数が10倍以上(全国1位の伸び率)となり、海外の観光客からも注目を集めている。

 かがわ産業支援財団は「地域食品ブランドフェア」会場に10小間で構成する「香川県ブース」を設置。商談を応援するために、おいしい食を集めたパンフレットの配布も行う。

 出品は(1)うどん=茶うどん(2)オリーブ=オリーブオイル(3)オリーブ関連商品=オリーブ車エビ(4)瀬戸内の海の幸=瀬戸内伊吹島「釜揚げいりこ」しょうゆ焼、瀬戸内産ハモ入り調理すり身、島鱧めしなど(5)地域食材=さぬきキウイっこ、ロメインレタス、ナス、青ネギなど(6)伝統食品=和三盆、サヌキ白みそなど(7)その他食品=柿茶、バウムクーヘン、スモモピューレ、なめ茸、海老せんべい、ハチミツ醤油、桑茶など–。

 試食・試飲も多彩。釜揚げいりこのフライ、車海老、島鱧の炊き込みご飯、白みそ、和三盆、柿茶、バウムクーヘン、スモモピューレ、茶うどん、なめ茸、海老せんべい、はちみつ、オリーブオイル、桑茶、世界一小さいキウイ「キウイっこ」などを提案する。

 飯田農園、石丸製麺、イヅツみそ、伊吹島プロジェクト、エフディアイ、F-farm(18日のみ)、おがた食研、尾野農園(17日のみ)、香川県西部地区青果物販売会議(16日のみ)、柿茶本舗、キウイベリージャパン、Sun so、志満秀、瀬戸内オリーブ、せとうちラボラトリー、タケサンフーズ、仁尾産商、西森園、日本農産流通、三豊ファームサービス、ミトヨフーズ、ミネックの22社が出展する。(山田由紀子)

ページのトップへ